スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅メモ岩手イベ・1日目 横浜~気仙沼

目次:
作戦編:http://nekokan333.blog.fc2.com/blog-entry-412.html

この日の予定
・仙台までは東北本線でさくっと
・東北本線から仙石線経由で(仙石東北ラインは多賀城らへんが埋まらなくなるのでダメ)石巻、女川まで行って折り返し
・石巻から石巻線で前谷地まで。前谷地から気仙沼線BRTで気仙沼まで。(前谷地から小牛田までの2駅はレーダー)

という簡単なもの。仙台までは1本で行ってそこからまあこんなもんだろうなと。
横浜 615
宇都宮 818
宇都宮 820
黒磯 910
黒磯 938
郡山 1039
郡山 1106
福島 1154
福島 1200
白石 1234
白石 1237
仙台 1326
仙台 1421 1521
石巻 1546 1649
 
石巻 1559 1718
女川 1624 1744
女川 1632 1752 1913
石巻着 1658 1818 1939
石巻発 1717 1831 1950
前谷地 1736 1850 2009
 
前谷地 1800 1914 2012
柳津 1822   2034
柳津 1844 直通BRT 2044
気仙沼 2031 2136 2231

結局仙台1521発→気仙沼2136着になりましたよと。

レーダーの打ちどころについて
(1) 福島交通
福島付近で福島交通飯坂線をレーダーからコンプすることができます。飯坂温泉行くのも面白いと思うけどとりあえずコンプしちゃうのもありかなと。打ち方がややテクニックがいて、

・飯坂線は全部で12駅
・うち福島~岩代清水までの4駅は東北本線から取れる。基本は東北本線からのレーダー流し打ち。
岩代清水駅にチェックインしたあと、すかさず泉(5)、上松川(6)、笹谷(7)にレーダーを飛ばす(東福島まで行ってはダメ)
・東福島駅、伊達駅で桜水(8)~飯坂温泉(12)までをコンプする。

とします。岩代清水あたりでレーダーを飛ばさないといけない理由は次の通りで、駅メモろけーしょんからレーダーの範囲をシミュレートしてみます。
東福島駅
レーダーの範囲
●東福島駅 【東北本線(黒磯~利府・盛岡)】
○卸町駅 【阿武隈急行線】
○福島学院前駅 【阿武隈急行線】
○瀬上駅 【阿武隈急行線】
○伊達駅 【東北本線(黒磯~利府・盛岡)】
○向瀬上駅 【阿武隈急行線】
9 ○平野駅 【福島交通】
10 ○医王寺前駅 【福島交通】
8 ○桜水駅 【福島交通】
12 ○飯坂温泉駅 【福島交通】
11 ○花水坂駅 【福島交通】
○岩代清水駅 【福島交通】

伊達駅
レーダーの範囲
●伊達駅 【東北本線(黒磯~利府・盛岡)】
○瀬上駅 【阿武隈急行線】
○向瀬上駅 【阿武隈急行線】
○福島学院前駅 【阿武隈急行線】
○東福島駅 【東北本線(黒磯~利府・盛岡)】
○卸町駅 【阿武隈急行線】
○高子駅 【阿武隈急行線】
12 ○飯坂温泉駅 【福島交通】
○桑折駅 【東北本線(黒磯~利府・盛岡)】
11 ○花水坂駅 【福島交通】
10 ○医王寺前駅 【福島交通】
○上保原駅 【阿武隈急行線】

したがって、泉~笹谷あたりを取得するには東福島にチェックインする前にレーダーを飛ばさないとダメです。この3駅のうちいくつかは福島駅のあたりで飛ばせるので、忘れないうちに飛ばしてしまったほうがいいでしょう。阿武隈急行と駅がごっちゃになっているので実行するには一度整理しておいたほうがいいです。
_20160315_153704000_iOS.jpg

2.阿武隈急行
一応沿線からの流し打ちで駅はだいたい取れますが、丸森、北丸森が東北本線からは取れなくなるので(常磐線の運休区間を取るために常磐自動車道から取る場合は取得可能)レーダーの使用個数を考えたら、乗ったほうが早いです。幸いあぶくま駅付近を除けばだいたい電波状態は良好です。癒やしのクロスシートだし結構景色もいいです。

3.仙台空港線
名取からレーダー飛ばすだけです。スタンプラリーの期間も終わったしクソ高いのでこれでいいでしょう。

~~~~~~~~~
横浜6:15発の上野東京ラインでスタート
_20160304_210524631_iOS.jpg
宇都宮、黒磯で乗り換え。割りとレアな黒磯始発高崎行に遭遇。小山で宇都宮線→両毛線って入る列車あるんですね。個人的に東北本線はこの黒磯~郡山が一番だるいです。
_20160305_001305994_iOS.jpg
郡山、白石と乗り換え、東白石駅付近。左手に蔵王山が見えて綺麗です。新幹線の白石蔵王駅は白石のあたりでちょろっと入ります。
_20160305_034132963_iOS.jpg
仙台駅。アイコちゃん!じゃなくて仙山線の愛子行き。なんか工事してて千葉駅みたい。
_20160305_042913724_iOS.jpg
仙石線で石巻に到着。途中津波の被害で盛り土した箇所を通ります。
_20160305_064737361_iOS.jpg
石巻駅。石ノ森章太郎のマンガミュージアムがあるので石ノ森作品一色です。
_20160305_065228681_iOS.jpg
そのまま皮オn…じゃなかった、女川駅まで。
_20160305_072548602_iOS.jpg
女川駅には駅の温泉があるそうです。ちょっと興味あったけど入ってる時間なかった。あとホーム側から駅舎を見るとイカみたいな形をしてます(意味深)
_20160305_072733289_iOS.jpg
女川~石巻から。三陸はだいたいこんな感じの景色が続きます。
_20160305_073842126_iOS.jpg
石巻の大王(http://tabelog.com/miyagi/A0404/A040403/4002398/)というラーメン屋。特製みそタンメン。チャーシューメンにするとまるで二郎みたいな盛り方になってこっちのほうにすればよかったと後悔。美味しかったです。
_20160305_081918235_iOS.jpg
石巻駅のマンガッタンカフェでコーヒー。ここのコーヒーは一杯一杯ハンドドリップで淹れてくれるので美味しいです。東京のドブ水みたいなコーヒー飲みたくない。正面には仙石線のホーム。
_20160305_085956635_iOS.jpg
前谷地駅。ここでBRTに乗り換えます。ただこの駅ほんとに何もないので待合室が結構寒いです。あと重要なことですが、BRTはトイレ設備がなく、2時間以上ろくなトイレ休憩がないので必ずここでトイレに行っておきましょう(駅ノート見て気づいた)。トイレ休憩あるといっちゃあるんだろうけど、もとが鉄道だからここらへん不親切なのよね。山田線振替の106急行バスはちゃんとトイレ休憩入れてくれたのに。
_20160305_100259265_iOS.jpg
気仙沼線BRTで気仙沼まで。夜だからということもあってほぼ貸切状態です。あとBRT専用の道を通るのと、道路の照明があのあたり少ないため、真っ暗ななかをかなりのスピードで飛ばしながら走るというとても楽しい体験ができます。深夜にレオライナーを2時間乗ってるような感覚です。昼の景色もいいんだろうけどね。あまりに真っ暗すぎて道中たまにあるコンビニがセーブポイントのように見えるくらいでした。
_20160305_100925074_iOS.jpg
気仙沼駅。もともと気仙沼線ホームにあった場所にBRTを入れたので、駅の中にバスのりばがあるという不思議なことになっています。大船渡線はこの横のホームあります。はじめどこから駅に出るんだろうと迷いました。
_20160305_123846729_iOS.jpg
大船渡線がポケモン列車を動かしてるせいか駅もポケモン仕様に。
_20160305_124214963_iOS.jpg
お宿はアコモイン気仙沼(http://accommo-inn.com/)というところに。一見「畑に立てたワンルームマンションか!?」って感じの見た目ですが、中身はしっかりしてます。1泊朝食付きで6000円弱だったので、値段は高めです。
_20160305_214842762_iOS.jpg
ただ気仙沼はほんとに泊まる場所がないうえ復興需要で宿泊地が逼迫してるので、ここだけじゃなくてほかも高く(ここが最安値ぐらい)、場所代を考えたら仕方ないかなと。安く泊まりたいのなら、石巻か新幹線駅の古川あたりに泊まるべきでしょう。まあこういう場所に泊まるのも復興中らしいということで。

気仙沼の町の移動についてですが、市街地が気仙沼駅の周辺にはなく、不動の沢~南気仙沼あたりが中心部のようです。この間片道2km以上あるので、徒歩での移動は現実的ではありません。食事しに行こうかなと思っても、バスで移動してバス停からまた1km歩くなんてこともあります。気仙沼の漁港あたりに観光に行こうかなと思っても、これも気仙沼駅から2kmぐらい東側にあり、復興屋台も漁港から北側に離れています。路線バスのダイヤがBRT以上にやる気ないんで(この周辺で一番本数があって信頼できる交通機関がBRTです)、ほんとに車持ってないと人権ありません。歩道歩いてるのが自分1人でした、なんていうことがよくあります。気仙沼に泊まる場合は、値段は少し上がっても駅のすぐ近くか(パールシティ気仙沼:http://www.pearlcity.jp/kesennuma/)、駅からの送迎がある港近くのややリッチなホテルに泊まり、早い時間に着くようにするのがベストかと思います。

とはいえ、BRTそのものも、夜のBRTもなかなか楽しかったのでまあよしと。待避所を用意してある専用線とかバスにしてはなかなか豪華です。しかも運賃計算が鉄道ベースなので全線通して乗っても1000円ちょいと、バスにしては相当破格です。通常の路線バスだったら3000円近くは取っていると思います。鉄道orバスという二元論的な運行形態の問題よりも、JRみたいな体力がある会社が、鉄道に準じるような正確な運行管理をしつつ運営するということに意味があるんじゃないのかなーとは個人的には感じました。


~2日目に続く~
http://nekokan333.blog.fc2.com/blog-entry-413.html
スポンサーサイト
プロフィール

こしあん

Author:こしあん
(:3[____]
【TwitterID : koshian2】
【ほしい物リスト】http://goo.gl/bDtvG2

Twitter
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。