スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカルト検定予習用

11月ランキング対象のオカルト検定です。いつものように画像アップロードしていこうか…と考えましたが、画像整理する時間がなさそうなので少し方針を変えました。

オカルト検定自体QMA7の検定が初出で、流用されている問題も多いためまずはそちらを復習します。今回の検定で初出の問題はいくつかあるとは思いますが、おそらくQMA9で導入されたグループ分け問題が中心のはず。つまり、QMA7の問題を抑えてしまえば初見が減って、かなり楽に回収できるのではないかという寸法です。

QMA7時代の検定問題は有志のサイトで公開されているため、これを復習ツール用のデータに書き換えます。問題はこちらの↓サイトを参考にしました。ありがとうございました
・QMA 倉庫 QMA7_オカルト検定
http://www8.atwiki.jp/wanisita/pages/365.html
・QMA7オカルト検定問題集
http://ninba.sakura.ne.jp/qma/qma7/occult/index.html

書き換えたものがこちら。まずはこのファイルをダウンロードして解凍してください(「ファイル→ダウンロード」とすれば保存できます)。
https://docs.google.com/open?id=0B9Dlw4zQ29lwRnpHNlN0ajI3MjQ

追記:データ少し修正しました

###
○使い方
1. 予習・復習ツール、自習用ツールをダウンロード、解凍する
QMA予習・復習ツール http://www.k-games.net/qma.html
QMA自習ツール http://www9.plala.or.jp/sna_s_home/qma/QMAplay.html
今回2つのツールを使います。すでにダウンロードされている場合はこの手順は不要です。ただし、問題データを上書きするため、すでに登録している問題がある場合は必ずバックアップをとってください

2. 問題データを置き換える
occult.zipを解凍すると2つのフォルダがあります。
・「予習復習ツール」のテキストファイルすべてを、「(予習・復習ツールのあるフォルダ)\question\雑学」にコピーして上書き
・「自習ツール」のyonmoji.mdbを、「(自習ツールのあるフォルダ)」にコピーして上書き

3. プレイする
それぞれのツールを起動すればプレイできます。予習復習ツール、自習ツールの使い分けは次のようになっています。
 予習復習ツール:四文字言葉(文字パネル)以外の全形式
 自習ツール:文字パネルのみ
これは予習復習ツールが解答が四文字以外の文字パネルをサポートしていないためです。文字パネルの問題のみお手数ですが、自習ツールを使ってください。

予習復習ツールの場合、ジャンルはすべて「雑学」です。○×などのそれぞれの形式ごとにプレイしたい場合はその形式を、実際の検定のようにすべての形式を一気にプレイしたい場合は「雑学→個別復習用」と押すとプレイできます。

自習ツールの場合、ジャンルは「社会」に登録しています。「文字パネル→社会」とすればプレイできます。

その他変更点・注意点をいくつか
(1) スロット形式はどちらのツールでも解答が4文字以外のものはサポートしていないので、タイピング形式として登録しています。そのため、本来は漢字で答えさせるところをひらがなで答えさせる問題がいくつかあります。
(2) 実機のように、分岐して改ページというのができないので、文字数の関係上、いくつか問題文削ったり分岐を外してるものがあります。
(3) 予習復習ツールは、エフェクトの表記ゆれをサポートしていないので、最初に登録したもののみ正解となります。そのため、このツールで弾かれてしまっても、実機では通る答えがあります。
(4) 予習復習ツールは、問題が登録されていない形式、ジャンルを選択するとエラー落ちします
(5) 私の環境(Win7)の場合、予習復習ツールは「閉じる」を押しても終了できません。その場合は、タスクマネージャーを起動してそこから終了させてください。
(6) その他データの入力ミス等でエラー落ちすることがありますが、そこは気合で頑張ってください

スポンサーサイト
プロフィール

こしあん

Author:こしあん
(:3[____]
【TwitterID : koshian2】
【ほしい物リスト】http://goo.gl/bDtvG2

Twitter
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。